家具工房クレアーレ 新潟 オーダー家具

オーダー家具,オーダーキッチン,木の小物の製作販売

家具工房クレアーレ
  1. 宮城県K様ステンレス天板のアイランドカウンター

アイランドカウンターをステンレスxウォールナットでフルオーダー製作 no.5037

  

Island Counter Walnut x SS no.5037

670,000yen-

宮城県仙台市K様へ製作させて頂いたステンレス天板とウォールナットのアイランドカウンターです。

K様はお電話で「料理教室のステンレスのアイランドカウンターはつくれますか?」とご相談下さいました。

ご新築の際に料理教室をご検討されていたK様「壁沿いにW2550のキッチンがあり、振り返って後にキッチンのアイランドカウンターがくるように」とのお話でした。

K様はFAXで手描きのご希望のカウンターのイメージをお送り下さいました。

イメージを拝見し見積りと図面をお送りしたところ、「大人数で調理するので、アイランドカウンターにもミニシンクをつけたらどうか?図面と見積りは?」とのご希望を頂きました。

ミニシンク有の場合の見積やイメージもPDFファイルでお送りし、さらに打ち合わせをメールで重ねてゆきます。

「コストダウンするには引出しより扉+可動棚ですか?」

「ミキサー・フードプロセッサーなどちょっと重い物をキッチン側の引出し下段に収納を考えています」

「ゴミ箱スペースも考えたんですが、収納容量を増やせる引出しにしようかな。」

メールを何度もやりとりし、最終的に、「人造大理石天板とステンレス天板でのお値段はどう違いますか?」とのご質問にお答えし、ステンレス天板でアイランドカウンターを製作させて頂くこととなりました。

「2口コンセントとタオルバーもつけれますか?」と最終的にご質問頂き、おつけした図面です。キッチンの真ん中に置くアイランドカウンターですから、コンセントがあると便利。正面から見た図は、キッチン側から見た様子です。反対側は6ハイ全て引出しです。

ステンレス天板とシステムキッチンの白い人造大理石天板もよく似合います。ブラックウォールナット無垢材をお楽しみ頂ける引出しの扉です。

アイランドカウンターのステンレスがキッチンにあるとお料理教室らしさも垣間見えます。タオルバーもステンレスで錆びにくいからツールバーとして使っても。白い建具と北欧の照明との相性もよいブラックウォールナットです。

ステンレス天板とステンレスのタオルバーの向うに見えるシステムキッチンの取手との相性も良く。家の中心に置くアイランドカウンターですから、天板のステンレスの角はどこを触っても痛くないようにちょこっと磨いて仕上げています。

キッチン側は右を引出しと可動棚にしました。可動棚だと目立たない位置にコンセントを付けることが出来ます。実はついているのですが、ここから全然見えないでしょう。どの位置についているか、上の図面でご確認になれます

コンセントについては、、no.c5046 ウォールナットの背の高いキッチンボードでもご覧頂けます。

キッチンと反対側には有効W60cmの大きな引出しが6ハイ。耐荷重40kgも入れても大丈夫です。ソフトクローズかつオートクローズのレールを使用しているので、料理教室でつかう生徒さん分の調理器具や他のご家庭より多い食器、ストックの食材など、必要な道具を全部し収納できます。引出しの仕様は、no.5012 ナラとステンレスのオーダーキッチンと同じレールを使用しています。

ステンレスの天板のヘアラインに、照明が写って夜は特に美しく見えます。金属特有の弧を描いたラインがいくつも掛かる虹のように見えます。使い込んでいくと、ヘアラインはたくさん傷がつきますが、この虹のラインは何年経っても写ります。1m x 1.4mサイズなので、長手方向1.4mの方向にラインが走るように製作します。