家具工房クレアーレ 新潟 オーダー家具

オーダー家具,オーダーキッチン,木の小物の製作販売

家具工房クレアーレ
  1. ナラ無垢天板のアイランド作業台 千葉県K様

ナラ無垢天板で両面収納のアイランド作業台/カウンター 千葉県K様 no.5039

  

ナラ無垢天板作業台全景

Island counter Nara wood no.5039

280,000yen

千葉県K様へ製作させて頂いたアイランド作業台/カウンターのご紹介です。

まずK様はスライド棚つきシェルフ 炊飯器/レンジ台をご覧頂き、最初はそのサイズ違いでお見積をご希望頂きました。

そしてしばらく経ってから、別のお見積りを・・・ということで以下のようにご相談下さいました。

タイル天板とウォールナットのキッチンカウンターに似たデザイン」

リビング側にナラ材の薄型シェルフのような収納があること」

「ゴミ箱を収納する面が向かって右。料理本などを収納する面が向かって左」

「手描きのイラストを写真に撮ったものも添付しました」

「リフォーム前のキッチンの写真を送ります。この壁を壊してここに家具を置きます」

「サイズは・・・素材は・・・予算は・・・」

K様から頂いたご希望をもとに、両面に収納のあるアイランド型作業台カウンターの家具を設計。

ゴミ箱置き場や本棚を前述のキッチンカウンターの配置を参考に設けたキッチン側、雑貨のディスプレイ棚や本棚、CD・DVDラックにもなるリビング側の収納をご提案しました。

こちらからのご質問として「ゴミ箱はどんなサイズを何個入れますか?」とお聞きした所、「考えてみますね・・・調べたところ、図面を変更してほしいのですが・・・」とお伝え下さいました。

そして、変更、ご確認を繰り返し行っていき、最終的に以下の図面のサイズでアイランド作業台を製作することとなりました。

ナラ無垢天板アイランド作業台図面

本棚のサイズ、ゴミ箱収納スペースのサイズを見直し決まった図面です。ビジュアル重視のキレイな料理はけっこう奥行きがあったりしますが、357mm(約36cm)あると横長の本も入りやすそうですね。高さは35cmあるとカタログやファイル関係も入れやすい。こういったオープンな空間をオーダー家具に一つ作ると、融通が利いてのちのち便利。

最初の図面はシェルフのレンジ台の図面でした

最初にお出しした図面は、こちらのスライド棚つきシェルフでした。この図面のあと、現在の形になりました。このように、初めにご検討頂いていた家具と最終的に全然異なる形になることもとても多いです。たくさんご覧頂いて、いろんなパターンのお見積ご依頼下さいね。

ナラ無垢天板はマットウレタン塗装でマットな質感

ナラ無垢材天板のアイランド作業台/カウンターです。一枚一枚、どんな組み合わせがベストか?悩みながら木を選んでいます。無垢の木の動きを考えて、はぎ合せをしていますので、何十年も長く一緒に生活を共にして頂けます。塗装はマットウレタン塗装。クレアーレのウレタン塗装は、見た目がオイルと変わらないナチュラルさがあると言って頂ける事が多いです。ウレタン塗装だからキッチンで使っても水や汚れに強く、メンテナンスが要らないというのがメリットです。オイル仕上げ・オイルワックス仕上げも可能です。
【塗装についてはこちらもご確認下さい】

木のうつわ、ガラスのケメックスが似合う。料理本の本棚にも便利なオープン棚の様子

本棚に書籍を入れてみたところです。奥行き約36cmありますから、中サイズの本ですとかなり余裕があります。K様は料理本を主にお入れになるということでしたが、絵本や教科書や大き目のファイルも入る大きさですね。ファイルボックスも入りますので、整理整頓もしやすいオープン棚です。オープンな空間があれば、家電置き場にしてもよし、ケースを入れてこまごましたものを区切って収納してもよし。余白って大切です。

2段引出しを開いた様子

本棚の下は引出しが2ハイ。オープンな空間だけてなく、きちんとした引出しもあると収納できるものの巾が広がります。

引出しへのクローズアップ

金属製スライドレールですので大きなもの、重いものを入れても取り出しやすい。永くつかっても引出しにくくなることが無いですので、毎日使う調味料や食材、調理器具を入れてフル活用して頂けます。食器やカップを入れて使ってもスルスル引き出せる、便利な引出しです。

ダイニング側のミニ本棚

リビング側のディスプレイ棚・浅い収納棚です。奥行約16cmありますから、CDやDVDも入ります。棚の高さは3cm刻み・3段階に高さ調整できるようにしてあるので、棚の位置の調節でいろんな使い方をして頂けます。

ダイニング側のミニ本棚

棚は可動式ですので、取り外したり、場所を動かしたり自由にできます。上写真では、棚を2つ区切りで使用した例です。
写真のメンテナンスオイル【フィーデンワックス】はこちらのページで販売中。工房展示室でも販売しています。

雑誌や本類のディスプレイ棚としたイメージ

雑誌のディスプレイ棚として使う場合のイメージ。このように雑誌を立て掛けておくだけでこなれた印象の浅い棚になります。スペースの関係で、生じた棚空間が狭い・奥行が意外と確保できなかった、という場合も、物を詰め込む収納でなく、飾る方向に持っていく、という発想の転換も、インテリアを楽しむにはあると良い考え方ですね。

雑貨や小物のディスプレイ棚としても

カッティングボードやボトル類、ガラス類も似合うディスプレイ棚として使うイメージです。K様に最初にイメージして頂いたディスプレイ棚【ナラ材の薄型シェルフ】と近い使用イメージになったと思います。浅い棚、といっても約16cmありますから、食器の収納にも便利なサイズなのです。カップ・グラス以外にも小皿や取り皿、ケーキ皿を置くのにもちょうどよいサイズ感です。棚に置いてあるだけの器、余白をとってゆったりと置いてあげれば、雑貨屋さんみたいに見せる事もできますよ。

ほかにも・・・カウンター/作業台/キッチンボード